LOVE MUSICAL!

ダニエル・デイ=ルイス

映画「NINE」で主役のグイドを演じたダニエル・デイ=ルイス。近年では映画「リンカーン」でエイブラハム・リンカーンの役を好演し、話題となった人物です。イギリス出身の俳優で、アカデミー賞を始め、数多くの賞の受賞経験がある名優です。

プロフィール

1957年4月29日生まれ。ロンドンで生まれ、グリニッジで幼少期を過ごしました。父親は桂冠詩人のセシル・デイ=ルイスです。彼は「ニコラス・ブレイク」というペンネームでミステリー作家としても活躍している人物です。母親はバルト三国からの出自を持つユダヤ系の女優ジル・バルコンです。母方の祖父は映画プロデューサーで、イーリング・スタジオの代表だったマイケル・バルコンで、姉のタマシン・デイ=ルイスはドキュメンタリー映画の監督という芸能一家に育っています。オールド・ヴィグ演劇学校で演技を学び、1971年に「日曜は別れの時」で映画デビューしました。その後しばらくはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどの舞台で活動し、1982年に再び映画界に戻ります。1985年の「マイ・ビューティフル・ランドレット」、1986年の「眺めのいい部屋」に連続出演し、この2作品が評価され、ニューヨーク映画批評家協会賞・助演男優賞を受賞しました。1988年には「存在の耐えられない軽さ」に出演し、アメリカ映画に進出。翌1989年には「マイ・レフトフット」でアカデミー主演男優賞を受賞しています。一時期俳優業を休業して靴屋になるためにイタリアで修行していましたが、マーティン・スコセッシ監督に説得され、2002年公開の「ギャング・オブ・ニューヨーク」で俳優復帰しました。2007年公開の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」では第80回アカデミー主演男優賞を始めとする多数の映画賞を受賞しました。2012年には「リンカーン」で第85回アカデミー主演男優賞を受賞。これが自身3度目の受賞となり、これは史上初の快挙となりました。

私生活

1993年にアイルランドの市民権を取得し、現在はアメリカとアイルランドで暮らしています。過去にジュリエット・ビノシュ、ジュリア・ロバーツ、ウィノナ・ライダーなどの女優との交際歴があり、6年間交際した女優イザベル・アジャーニとの間には一児をもうけましたが結婚はしませんでした。1996年に作家アーサー・ミラーの娘レベッカ・ミラーと結婚し、1998年には長男のローナン、2002年には次男のカシュエルという2人の息子に恵まれています。2005年にはレベッカの監督作品に出演し、2009年には同じく彼女の監督作「50歳の恋愛白書」に俳優ではなく大工作業スタッフとして参加しました。1998年には俳優業を休業し、イタリア・フィレンツェのハンドメイド靴職人ステファノ・ベーメルの工房で靴作りを教わっていました。ローマの工房に近いマンションに妻のレベッカと1歳の息子と住み、10ヶ月間靴の製作を行なっていました。後にマーティン・スコセッシ監督がフィレンツェにまで訪れ、「ギャング・オブ・ニューヨーク」の出演依頼をし、彼の説得に負けて俳優業を再開しました。映画界に復帰する際、ダニエルの師匠であるベーメルは、工房の合鍵を彼にプレゼントしたそうです。ベーメルは2012年に48歳の若さでこの世を去っています。アイルランドの自宅では靴作りと木工作業に没頭しており、息子のローナン君は9歳ごろまで彼を俳優とは知らず、大工だと思っていたのだそうです。

高い演技力

ダニエル・デイ=ルイスは俳優として非常に高い評価を得ている人物でもあります。現在の映画界においてトップクラスといっても過言ではないほどです。2012年4月の英Total Film誌による「映画史に残る演技ベスト200」では「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」での演技で、ジャック・ニコルソン、ロバート・デ・ニーロに次ぐ3位にランクインしています。2007年の第80回アカデミー賞では「フィクサー」で同じく主演男優賞にノミネートされていたジョージ・クルーニーが、結果発表前に「自分が主演男優賞を受賞?ダニエルがいるから無理だよ」と答えたというエピソードもあるほどです。2002年の「ギャング・オブ・ニューヨーク」では本来主役だったはずのレオナルド・ディカプリオを抑えてアカデミー主演男優賞にノミネートされましたが、ディカプリオも彼を尊敬しており、ダニエルが主演になるのが当然だと語っています。また、ダニエルは出演作を選ぶ事でも知られていて、キャリア40年間での出演作が19本と寡作です。

Bravo! NINE!

徹底した役作り

ダニエル・デイ=ルイスはロバート・デ・ニーロとも比較されるほど、徹底した役作りをすることでも知られています。

「マイ・レフト・フット」

生まれつき脳性麻痺で左足しか動かすことのできないクリスティ・ブラウンを演じるため、撮影中は常に左足だけを使って生活していました。車椅子に座っての生活で、そこから立とうとしなかったため、ケーブルや照明の邪魔にならないように、スタッフに車椅子ごと移動されていたそうです。

「ラスト・オブ・モヒカン」

モヒカン族の役を演じるために、6ヶ月間にわたって野営や釣りを行い、獣の皮の剥ぎ方などのサバイバル術を習得しました。最終的には自力でカヌーを作れるまでに成長したそうです。

「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」

アメリカの上流社会で弁護士をするニューランド役を演じるため、プラザホテルに2週間滞在しました。また、1870年代の衣服を身につけてニューヨークの街を数週間にわたりさまよい歩いたそうです。

「父の祈り」

IRAの爆破事件の冤罪をかけられた北アイルランド人を演じるため、北アイルランド訛りを徹底し、約15キロ減量しました。撮影中は独房のセットで夜を過ごし、スタッフには罵声を浴びせて冷たい水をかけてくれと頼んだそうです。

「ボクサー」

プロボクサーと週3回のスパーリングを3年続けました。そのスパーリングの最中に鼻の骨を折ってしまい、現在でも鼻が少し曲がっています。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

20世紀初頭の録音記録や、1948年の映画「黄金」を参考にし、1年間かけて役作りしました。

「リンカーン」

当時のリンカーンの外観に似せるため、髪と髭を伸ばし、南部訛りを徹底して撮影に臨みました。また、関連の書物やリンカーン自身が書き残したものを読み漁り、19世紀の生活に慣れるため、メアリー役のサリー・フィールドと当時の文体で手紙の交換を4ヶ月間行なったそうです。

主な受賞歴

アカデミー賞・主演男優賞

  • 1989年「マイ・レフトフット」
  • 2007年「ゼア・ウィル・ビーブラッド」
  • 2012年「リンカーン」

英国アカデミー賞・主演男優賞

  • 1989年「マイ・レフト・フット」
  • 2002年「ギャング・オブ・ニューヨーク」
  • 2007年「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
  • 2012年「リンカーン」

ゴールデングローブ賞・主演男優賞

  • 2007年「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
  • 2012年「リンカーン」

全米映画俳優組合賞

  • 2002年「ギャング・オブ・ニューヨーク」
  • 2007年「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
  • 2012年「リンカーン」

出演作

  • 1971年「日曜日は別れの時」(若き日のヴァンダル役)
  • 1982年「ガンジー」(コーリン役)
  • 1984年「バウンティ/愛と反乱の航海」(ジョン・フライヤー役)
  • 1985年「マイ・ビューティフル・ランドレット」(ジョニー役)
  • 1985年「眺めのいい部屋」(セシル・ヴァイス役)
  • 1986年「風の中の恋人たち」(マックス役)
  • 1988年「存在の耐えられない軽さ」(トーマス役)
  • 1988年「イングリッシュマンinニューヨーク」(ヘンダーソン・ドーレス役)
  • 1989年「エバースマイル、ニュージャージー」(ファーガス・オコネル医師役)
  • 1989年「マイ・レフト・フット」(クリスティ・ブラウン役)
  • 1992年「ラスト・オブ・モヒカン」(ホークアイ役)
  • 1993年「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」(ニューランド・アーチャー役)
  • 1993年「父の祈りを」(ジュリー・コンロン役)
  • 1996年「クルーシブル」(ジョン・プロクター役)
  • 1997年「ボクサー」(ダニー・フリン役)
  • 2002年「ギャング・オブ・ニューヨーク」(ビル・“ザ・ブッチャー”・カッティング役)
  • 2005年「The Balled of Jack and Rose」(ジャック・スラヴァン役)
  • 2007年「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(ダニエル・プレインビュー役)
  • 2009年「NINE」(グイド・コンティーニ役)
  • 2012年「リンカーン」(エイブラハム・リンカーン役)
ブロードウェイも!ハリウッドも!
当社があなたをサポートします!設備が充実した住宅をたくさんご用意!鹿嶋 田舎暮らしのお部屋探しは当社で!

努力型の天才

「はまり役」という言葉があります。その俳優にぴったり合った役という意味ですが、ダニエル・デイ=ルイスの場合、偶然はまり役になるのではなく自分からはまり役になるように努力していくというのがスタイルです。他の俳優さんたちももちろん努力していると思いますが、彼の場合はその天性の演技力と並外れた努力のおかげで、演じる役のすべてがはまり役と言っても過言ではないと思います。天才とは1%の才能と99%の努力という言葉がありますが、彼にはこの言葉がぴったりですね。「NINE」のグイド役では見事な歌声も披露しています。憂いを帯びた渋い声がカッコいいので注目してみてください。