LOVE MUSICAL!

ジュディ・デンチ

「007シリーズ」のM役として名高い大女優ジュディ・デンチはイギリスの女優です。映画「NINE」では主人公グイドの良き理解者であるリリー役を演じ、歌も披露しています。

プロフィール

1934年12月9日生まれ。イングランドのヨークシャー州ヨークの出身です。クエーカーとして育てられました。父親のレジナルド・アーサー・デンチと母親のエレノア・オリーブはアイルランドのダブリン出身で、2人はトリニティ・カレッジ在学中に出会ったそうです。両親ともに演劇にかかわっていた影響で、ジュディはセット・デザイナーを目指していました。しかし兄で俳優のジェフリーがロンドンの名門演劇学校「セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ」に入学したことを受け、自身もそこに入学。優秀な成績で卒業しました。卒業後の1957年、オールド・ヴィック・カンパニーの「ハムレット」でオフィーリア役を演じ、舞台デビューを果たします。1961年にはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに参加し、以後多くの舞台に出演しています。ウエスト・エンドの舞台にも立ち、6つのローレンス・オリヴィエ賞、トニー賞など数々の賞を受賞しています。1985年の「ウェザビー」以降、劇場用映画にも多く出演するようになりました。とくに「ゴールデンアイ」以降の「007」シリーズでは、3代目にして初の女性としてジェームズ・ボンドの上司「M」を演じ、イギリス国外でも広く知られるようになりました。1988年にはその功績が認められてイギリス王室から「Dame」の称号を授与されています。これまで6度アカデミー賞にノミネートされており、1998年にエリザベス1世を演じた「恋におちたシェイクスピア」で助演女優賞を受賞しました。また、日本でもその功績が称えられ、2011年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞するなど、世界をまたにかけた活躍を続けています。私生活では1971年に俳優のマイケル・ウィリアムズと結婚しており、1972年に娘で女優のタラを出産しています。ウィリアムズの亡くなる2001年まで一緒で、おしどり夫婦としてしられていました。2012年2月には、網膜の病気である加齢黄斑変性によって視力が低下し、台本が読めなくなっていることを公表し、世間に衝撃を与えました。

主な出演映画

  • 1968年「夏の夜の夢」(タティアナ役)
  • 1974年「大本命」(ローラ・デイヴィッドソン役)
  • 1979年「アンディの長い道・サリドマイド児を養子に迎える夫婦の記録」(ヘイゼル役)
  • 1985年「ウェザビー」(マーシア役)
  • 1986年「眺めのいい部屋」(エレノア・ラヴィッシュ役)
  • 1987年「エンジェリック・カンヴァセーション」(ナレーター)
  • 1987年「チャーリング・クロス街84番地」(ノラ・ドエル役)
  • 1988年「ハンドフル・オブ・ダスト」(ビーヴァー夫人役)
  • 1989年「ヘンリー五世」(クイックリー役)
  • 1995年「赤ちゃんにバンザイ!?」(マーガレット役)
  • 1995年「007 ゴールデンアイ」(M役)
  • 1996年「ハムレット」(ヘカベー役)
  • 1997年「Queen Victoria 至上の恋」(ヴィクトリア役)
  • 1997年「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」(M役)
  • 1998年「ムッソリーニとお茶を」(アラベラ役)
  • 1999年「恋におちたシェイクスピア」(エリザベス1世役)
  • 2000年「ザ・ブロンド爆弾 最後のばら」(エリザベス役)
  • 2000年「ショコラ」(アルマンド役)
  • 2001年「アイリス」(アイリス・マードック役)
  • 2001年「ショッピング・ニュース」(アグニス役)
  • 2002年「アーネスト式プロポーズ」(レディ・オーガスタ・ブラックネル役)
  • 2002年「007 ダイ・アナザー・デイ」(M役)
  • 2004年「ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!」(ミセス・キャロウェイ役)
  • 2004年「リディック」(エアリオン役)
  • 2004年「ラヴェンダーの咲く庭で」(アーシュラ役)
  • 2005年「プライドと偏見」(キャサリン夫人役)
  • 2005年「ヘンダーソン夫人の贈り物」(ローラ・ヘンダーソン役)
  • 2006年「007 カジノ・ロワイヤル」(M役)
  • 2006年「あるスキャンダルの覚え書き」(バーバラ・コヴェット役)
  • 2008年「007 慰めの報酬」(M役)
  • 2009年「NINE」(リリー役)
  • 2011年「ジェーン・エア」(フェアファックス夫人役)
  • 2011年「マリリン 7日間の恋」(シビル・ソーンダイク役)
  • 2011年「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(上流階級の婦人役)
  • 2011年「J・エドガー」(アニー・フーバー役)
  • 2012年「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(エヴリン・グリーンスレイド役)
  • 2012年「007 スカイフォール」(M役)
  • 2013年「あなたを抱きしめる日まで」(フィロミーナ・リー役)
Bravo! NINE!

主な受賞歴

アカデミー賞

  • 1998年「恋におちたシェイクスピア」助演女優賞

ゴールデングローブ賞

  • 1997年「Queen Victoria 至上の恋」ドラマ部門主演女優賞
  • 1998年「恋におちたシェイクスピア」助演女優賞
  • 2000年「ザ・ブロンド爆弾 最後のばら」ミニシリーズ/テレビ映画部門主演女優賞

英国アカデミー賞

  • 1965年「Four in the Morning」新人賞
  • 1980年「わが青春の輝き」主演女優賞
  • 1986年「眺めのいい部屋」助演女優賞
  • 1997年「Queen Victoria 至上の恋」主演女優賞
  • 2000年 友愛賞
  • 2001年「アイリス」主演女優賞

トニー賞

  • 1999年「Amy's View」演劇主演女優賞

その他

  • 2011年「高松宮殿下記念世界文化賞」
ブロードウェイも!ハリウッドも!

存在感のあるおばあちゃん

私は昔から「007」シリーズが大好きでした。その中でもジュディ・デンチ演じるMは、諜報機関のトップである人間らしく冷静で非情に見えて、時に熱く仲間思いの面も見せるというとても魅力的な役で、私の中でのナンバーワンキャラクターとなっています。「スカイフォール」で残念ながら世代交代となってしまいましたが、それまでの長い間、彼女のおかげで映画館に行くのがとても楽しみでした。やはり台本が読めなくなってきていることが影響しているのでしょうか。最近では映画に出演する回数も減っている気がします。仕方が無いことですが、名優であるだけにとても残念です。「ショコラ」のアルマンド役や、「恋におちたシェイクスピア」のエリザベス1世役も良かったですね。名脇役らしく、少しの出演でもその存在感は観客を圧倒してくれます。出来れば生涯現役で頑張って欲しいところですが、やはり歳をとるというのは辛いものですね。長生きして活躍して欲しい女優さんです。