LOVE MUSICAL!

当院では、心療内科(大人、子ども)、内科をそれぞれ専門とするふたりの医師と心理カウンセラーがいます。幅広い年齢層の方々の体とこころの問題への医学・心理学的アプローチが可能です。

ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマンはハワイ出身のオーストラリアの女優で、映画「NINE」では主人公グイドのミューズである女優・クラウディアを演じました。アカデミー賞を始め数多くの賞を受賞している大女優です。2006年にはオーストラリア国民の最高の栄誉である勲章「Companion of the Order of Australia」を受勲しています。1994年よりユニセフの親善大使、2006年から2010年までは国際連合婦人開発基金の親善大使も務めた人物です。

プロフィール

1967年6月20日生まれ。アメリカ系オーストラリア人の両親のもと、ハワイ州ホノルルで生まれたため、アメリカ合衆国とオーストラリアの二重国籍を持っています。3歳下の妹・アントニアがおり、彼女はオーストラリアでテレビ番組のプレゼンターをしています。4歳でオーストラリア・シドニーに戻り、バレエを習い始めるとともに、Australian Theatre for Young Peopleで発声や演劇史を学ぶようになります。15歳頃からテレビやミュージックビデオなどに出演し、映画にも出るようになります。主にオーストラリア映画で実績を積み、1988年に出演した「デッド・カーム/戦慄の航海」を偶然目にしたトム・クルーズに招かれてハリウッド入りします。その後、トム・クルーズとは「デイズ・オブ・サンダー」で共演し、1990年に結婚しました。ハリウッド進出当時は、当時の夫であり、ハリウッド進出に導いたトム・クルーズ夫人としての側面が強く、平凡なキャリアに甘んじていましたが、2001年にトム・クルーズと離婚したのをきっかけに活躍の場を広げ、アメリカを代表とする演技派女優として変身をとげました。その代表的な一作が「ムーラン・ルージュ」で、彼女はこの作品でゴールデングローブ賞を受賞しています。また、2003年の「めぐりあう時間たち」では特殊メークでヴァージニア・ウルフを演じきり、アカデミー主演女優賞を受賞しています。2004年には世界各国で放映されたシャネルの香水「No.5」のコマーシャルに出演し、120秒という異例の長さのCMで日本でも注目を集めました。映画1作品の出演料が高額なことでも知られていて、2006年には「最も出演料の高い女優1位」となりました。また2008年の「フォーブス」誌では高額なギャラ相応の興行収入が稼げないことから「コストパフォーマンスの悪い俳優1位」にも選ばれています。ですが、2010年の映画「ラビット・ホール」の演技で再び高い評価を得て、アカデミー賞など多くの賞にノミネートされています。私生活では1990年に結婚し2001年に離婚したトム・クルーズとの間に2人の容姿がおり、離婚後はお互いのもとで交互に暮らしています。トム・クルーズとの離婚後はレニー・クラヴィッツやスティーヴ・ビーイングと交際していましたが、2006年にカントリー歌手のキース・アーバンと結婚しました。2008年には第一子となる女児を出産し、2010年には第二子となる娘を代理母出産で授かっています。

Bravo! NINE!
融資対象者は、企業の経営者様または個人事業主様、または個人で不動産所有の方になります。お気軽にご相談ください。不動産担保ローン・大阪でなら株式会社 アークファイナンス | 手形割引・不動産担保ローン・証書貸付(ビジネスローン・商工ローン)なら大阪市北区の株式会社アークファイナンス

主な出演作

  • 1983年「BMXアドベンチャー」(ジュディ役)
  • 1986年「ニコール・キッドマンinシャドウ・オブ・ブロンド」(エミリー・ガブリエル役)
  • 1986年「ウインド・ライダー」(Jade役)
  • 1987年「誘惑の香り」(ジル役)
  • 1988年「最も危険な悪女」(ヘレン/マイクの彼女役)
  • 1988年「デッド・カーム/戦慄の航海」(レイ役)
  • 1989年「囚われた女」(カトリーナ役)
  • 1990年「ニコール・キッドマンの恋愛天国」(ニコラ役)
  • 1990年「デイズ・オブ・サンダー」(Dr.クレア役)
  • 1991年「ビリー・バスゲイト」(ドリュー役)
  • 1992年「遥かなる大地へ」(シャノン役)
  • 1993年「マイ・ライフ」(ゲイル・ジョーンズ役)
  • 1993年「冷たい月を抱く女」(トレイシー役)
  • 1995年「バッドマン フォーエヴァー」(チェイス・メリディアン博士)
  • 1995年「誘う女」(スーザン役)
  • 1996年「ある貴婦人の肖像」(イザベル役)
  • 1996年「妻の恋人、夫の愛人」(アカデミー賞のプレゼンター役)
  • 1997年「ピースメーカー」(ジュリア・ケリー博士)
  • 1998年「プラクティカル・マジック」(ジリアン・オーウェンズ役)
  • 1999年「アイズ ワイド シャット」(アリス役)
  • 2001年「ムーラン・ルージュ」(サティーン役)
  • 2001年「アザーズ」(グレース役)
  • 2002年「バースデイ・ガール」(ナディア役)
  • 2002年「めぐりあう時間たち」(ヴァージニア・ウルフ役)
  • 2003年「ドッグヴィル」(グレース・マリガン役)
  • 2003年「コールドマウンテン」(エイダ・モンロー役)
  • 2003年「白いカラス」(フォーニア・ファーリー役)
  • 2004年「ステップフォード・ワイフ」(ジョアンナ・エバハート役)
  • 2004年「記憶の棘」(アナ役)
  • 2005年「ザ・インタープリター」(シルヴィア・ブルーム役)
  • 2005年「奥さまは魔女」(イザベル/サマンサ役)
  • 2006年「ハッピー フィート」(ノーマ・ジーン役)
  • 2006年「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」(ダイアン・アーバス役)
  • 2007年「インベージョン」(キャロル・べネル役)
  • 2007年「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(コールター夫人役)
  • 2007年「マーゴット・ウェディング」(マーゴット役)
  • 2008年「オーストラリア」(サラ・アッシュリー夫人役)
  • 2009年「NINE」(クラウディア役)
  • 2010年「ラビット・ホール」(ベッカ・コルベット役)
  • 2011年「ウソツキは結婚のはじまり」(デヴリン・アダムズ役)
  • 2011年「ブレイクアウト」(サラ・ミラー役)
  • 2013年「イノセント・ガーデン」(イヴリン・ストーカー役)
ブロードウェイも!ハリウッドも!

主な受賞歴

アカデミー賞

  • 2002年「めぐりあう時間たち」主演女優賞

ゴールデングローブ賞

  • 1995年「誘う女」ミュージカル・コメディ部門主演女優賞
  • 2001年「ムーラン・ルージュ」ミュージカル・コメディ部門主演女優賞
  • 2002年「めぐりあう時間たち」ドラマ部門主演女優賞

英国アカデミー賞

  • 2002年「めぐりあう時間たち」主演女優賞

ベルリン国際映画祭

  • 2002年「めぐりあう時間たち」銀熊賞

放送映画批評家協会賞

  • 1995年「誘う女」主演女優賞

MTVムービー・アワード

  • 2002年「ムーラン・ルージュ」主演女優賞・音楽シーン賞

ゴールデンラズベリー賞

  • 2005年「奥さまは魔女」最低スクリーンカップル賞

ラジー賞からオスカーまで

ニコール・キッドマンといわれて思い浮かぶのは、なぜか「毛皮のエロス」なんですよね。この映画鑑賞していないんですが、一番映画を観ていた時期の公開だったので、しょっちゅう映画館で予告を見ていたせいだと思われます。「毛皮のエロス」の予告が流れているころはちょうどラジー賞の受賞が決まったころと重なっていて、それと相まってニコール・キッドマンというのはゲテモノ映画にばかり出ている女優というイメージが強かったです。ですが、「ムーラン・ルージュ」のDVDをレンタルして鑑賞してからは、この人は実はすごい人なんだと気づかされました。歌も踊りも楽しく、演技も上手で、観てもいないのに「ゲテモノ」のイメージを持っていたことを深く反省したものです。キリッとした目とブロンドの髪が印象的な女優さんだけに、美人の役が多いですね。「NINE」でもグイドのミューズとしてその美しさを発揮していました。唇などの整形疑惑なんかもあるみたいですし、私生活は離婚やら再婚やら代理母出産やらで常にガヤガヤしている印象が強いですが、母としても女優としてもいつまでも美しく、活躍していって欲しいです。